YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

愛知県

国宝犬山城の麓で繰り広げられる時代絵巻
満開の桜のなか「車山」が練り歩く「犬山祭」

愛知県犬山市。ここに国指定の重要無形民俗文化財があります。その名も「犬山祭」。寛永12年(1635年)から始まった、同市北部に位置する針綱神社の祭礼で、毎年4月の第1土・日曜日に行われます(2016年は4月1日・2日)。愛知県有形民俗文化財に指定されている、「車山(やま) ※山車のこと」が13台繰り出し、笛や太鼓に合わせてカラクリ人形が披露されます。

車山は三層構造となっており、上層にカラクリ人形、中層はカラクリ人形操り所、下層がお囃子所。三層式の屋台のなかではもっとも起源が古いそうです。犬山祭の主役はまさにこの13台の車山。夜に各車山に365個もの提灯が灯され、満開の桜並木を練り歩くさまは、まるで錦絵を見ているよう。春爛漫の桜の下、豪華絢爛な車山が曳かれる風景を楽しみに、犬山まで出かけてみませんか?

香ばしく焼き上げた鰻の蒲焼き
食べ方でおいしさが変わる「ひつまぶし」

名古屋名物といえば味噌カツ、手羽先、「ひつまぶし」。ほかにも味噌煮込みうどんに小倉トースト……とありますが、とにかく「ひつまぶし」は名古屋名物ベスト3に入るほどの郷土料理です! 鰻の蒲焼きを細かく刻んでお櫃ごはんにまぶしたスタイルが一般的ですが、その特徴は、1膳目、2膳目と進むごとに食べ方を変えられること。まずはお茶碗に盛り、そのまま鰻の味を堪能。次はネギとワサビ、海苔などを加えて。3膳目はダシや煎茶でお茶漬けに。

最後は自分の気に入った食べ方で、というのが基本の食し方。なぜこのようになったのかは諸説あります。型崩れしたものや切れ端の部分をもったいないからごはんにのせたという説、出前の際1人前ずつではなく、数人分をひとつの器に盛ったという説などがありますが、本当のところはわかりません。ただ、鰻のおいしさをじっくりと味わえるのは確か。ふっくら香ばしく焼き上げられた鰻を、お好みの食べ方で召し上がれ。

知名度ゼロから予約15カ月待ちにまで!
素材の味を引き出す究極の「無水調理鍋」

パパはダッチオーブン、ママは海外製のホーロー鍋。おしゃれなキッチンスタイルを求めるファミリー御用達の鋳物鍋には、ほかの商品がつけいる隙がありませんでした。無水調理鍋「バーミキュラ」が現れるまでは! 野菜のうまみを最大限に引き出すこの鍋が、鋳物鍋の世界を席巻してはや5年。一時期、予約15カ月待ちとなったほどの圧倒的な人気を誇っています。製造するのは鋳造メーカー「愛知ドビー」。かつてドビー織りという繊維機械をつくっていたのが社名の由来です。

その後、産業機械の鋳物製作を始めました。そうです、もともとキッチン用品メーカーではないのです! 鋳物メーカーが自慢の技術を生かすために、考えに考え抜いた新製品が「バーミキュラ」だったというストーリー。無水調理が可能な究極のホーロー鍋は、メイドイン名古屋の卓越した技術の結晶。ぜひ一度、この鍋でカレーを煮込んでみてください。そのおいしさに、舌を疑います。

日本の音風景100選に選ばれた潮騒
ゆるやかに湾曲する美しき「恋路ヶ浜」

島崎藤村の叙情詩「名も知らぬ 遠き島より流れ寄る 椰子の実ひとつ」の舞台となった美しい砂浜「恋路ヶ浜」。太平洋に面した約1kmほどの海岸線は、まるで恋人たちのデートにふさわしい場所としてその名が冠されているようですが、歴史は古く、江戸時代の和歌にも「恋路ヶ浦」と記されています。その昔、道ならぬ恋ゆえに都を追われた高貴な男女がこの浜に逃れてきたという伝説が由来といわれています。藤村の詩に江戸時代の和歌、悲しき伝説と、由緒正しきロマンチックな砂浜といえるでしょう。

さて、この恋路ヶ浜、「残したい日本の音風景100選」にも選ばれています。潮騒は1年中聞くことができますが、風の影響で春から夏は雄大な音色、秋から冬はやさしい音色といわれています。なお、NPO法人地域活性化支援センターによる「恋人の聖地」にも選定されています。歴史やいわれはいろいろとありますが、やっぱり「恋人たちのデートにふさわしい場所」に間違いはありません。

名古屋の魅力を全国に発信!
観光PR部隊「名古屋おもてなし武将隊」

名古屋には、平成の世にもサムライがいることをご存じでしょうか。その名も「名古屋おもてなし武将隊」。名古屋にゆかりのある武将6人(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家、加藤清正、前田慶次)と陣笠隊4人が、名古屋の魅力を全国に伝えるために活動しています。 その活動内容は幅広く、名古屋城にて観光客のお出迎えや記念撮影などの「おもてなし」に始まり、ガイドツアーでは城内を分かりやすくご案内。

そして土・日曜日、祝日には殺陣や寸劇、甲冑ダンスなどのパフォーマンス「おもてなし演武」にも出陣。「人と文化と歴史の、絆を結ぶ」を鬨(とき)の声に、日々駆け巡っています。将たるもの、常に満足と感動をお届けする一期一会の「心構え」に微塵の隙もありません。ちなみにCDデビューもしており、CDやDVDのほか、タオルやポストカードなどのグッズも豊富に揃っています。
©2009 Nagoya Omotenashi Busho-Tai Secretariat

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング