YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

秋田県

犬好きなら見逃せない雪の大イベント!
湯沢市街を埋め尽くす「犬の巨像」に大興奮

秋田県・湯沢市の冬といえば、雄大な雪景色や温泉が有名ですが、もうひとつ注目したい冬の風物詩があります。それがこの地区の伝統行事「犬っこまつり」。JR湯沢駅周辺の湯沢市街に、2m以上もある大きな犬の雪像とろうそくを灯した雪堂がずらりと並び、街を飾ります。
この行事の起源は400年前にさかのぼります。当時の湯沢の殿様が大盗賊を退治し、再びこのような悪党が現れないようにと、米の粉で小さな犬や鶴亀を作らせ、旧正月の晩に家の入口や窓々にお供えするようになりました。それが犬の雪像へと変化し、現在に至ります。

いにしえを偲ぶように、雪堂の中には米の粉で作った小さく可愛い「犬っこ」も飾られています。「犬っこまつり」の開催期間は、毎年2月の第2土曜日とその翌日。祭りを見に来る方々は犬好きが多いようで、数多くの本物のわんちゃんと出合えるのも「犬っこまつり」の魅力となっています。

お米でつくられた「きりたんぽ」は
煮ても焼いても極上の味わい!

秋田県では11月11日は「きりたんぽ」の日。きりたんぽとは、つぶした米を棒に巻き付けたもの。テレビなどで、囲炉裏端に刺して炙っている映像を見たことがある人も多いでしょう。ちょっと太めですが、確かに数字の「1」のようにまっすぐなシルエットです。焼いたものに味噌を付けてそのまま食べることもできますが、切って鍋に入れ具材と一緒に煮込む「きりたんぽ鍋」として食べるのが一般的。秋田県では、学校給食に出るほど親しまれ、県民のソウルフードともいえる食材です。

このきりたんぽ。今は秋田県全体の郷土料理ですが、もともとは秋田県の大館、鹿角地区の郷土料理だったようです。その大館市では毎年「きりたんぽまつり」が開催され、10万人を超える来場者が訪れます。2015年は10月10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)の3日間で開催です。本場大館のきりたんぽの名店の数々が出店するので、さまざまなバリエーションのきりたんぽ鍋を一度に味わうことができるのが魅力。グルメな方にはおすすめのイベントです。

秋田県横手市で5代に渡って受け継がれる
素朴な味わいの伝統工芸品「中山人形」

郷土に伝わる素朴な民芸品に、ノスタルジックな雰囲気を感じるのも旅の魅力のひとつ。秋田県横手市に伝わる郷土人形「中山人形」もそんな工芸品のひとつです。一般的なものでは「干支土鈴」。毎年の干支をかたどった土鈴は、初詣の時期には売り切れるほど人気だとか。1979年に羊の土鈴が年賀切手に採用されたことで、全国的に人気を集めました。2013年には「土鈴春駒」が再び年賀切手の図案に採用されています。中山人形の工芸品として評価の高さを示すものでしょう。

中山人形の原型は、九州は佐賀県、鍋島藩で始まったものといわれています。鍋島藩の工芸師が南部藩に招かれ、その後秋田県へ移り住み、明治時代に入って中山人形を完成させたのだとか。その技術は5代目となる樋渡徹氏に受け継がれ、現在では、樋渡製作所でのみ中山人形はつくられています。この伝統ある干支土鈴の艶やかな彩色、そして素朴な音色に心癒やされてみてはいかが? 干支土鈴のほかにも、招き猫や天神様、お雛様、秋田県の行事を題材にしたものなど、さまざま人形が用意されています。

鳥海山から流れる元滝伏流水など
秋田県の名水・湧き水スポット!

秋田県といえば銘酒の宝庫。その理由に挙げられるのが「水がきれい」ということ。たしかに酒造りには良質の水が必要です。東北には青森県から栃木県にまでおよぶ広大な奥羽山脈があり、その山々は豊富で美しい水を生み出す水源となっています。これらの水が良い米をつくり、良い酒を生み出しているわけです。
秋田県の有名な名水には秋田県仙北郡美郷町の「六郷湧水群」や鳥海山の麓、にかほ市象潟町の「元滝伏流水」があります。元滝伏流水は、その幅30mにも及ぶ巨大な滝で、目で見て楽しむ観光スポットとしてもおすすめ。

約80年前の鳥海山の根雪が地中に染み込んだ水が伏流水となって湧き出し、岩肌一帯から湧き流れ落ちる姿は神秘的で清涼感にあふれます。環境省が選ぶ「平成の名水百選」にも選ばれています。この鳥海山から流れる伏流水は山だけでなく海岸にも湧き出し、釜磯海水浴場では、砂浜に湧き出す真水を見ることができます。にかほ市には、この豊富な伏流水を使い500有余年も酒造りを続ける蔵元があります。鳥海山系の伏流水で仕込んだ「清酒 飛良泉」は絶品だとか。お酒好きの方なら一度は口にしてみたいものですね。

赤字ローカル線を復活させる
「秋田美人」フル活用のサービス!

「あきた♥美人ライン」。なんて魅惑的な響き。いったいどんなラインなんでしょう? これ、実は秋田県を走る鉄道「秋田内陸線」の愛称です。秋田県北秋田市の鷹巣駅から仙北市の角館駅までを94.2kmに渡って縦貫する路線です。「あきた♥美人ライン」という愛称が付けられたのは2012年のこと。その理由は「おもてなしの心など女性的な価値観を鉄道サービスに反映させること」だそう。そのおもてなしの心を反映してか、運転士による解説付きで、通常の倍近くの時間をかけてゆっくりと走る「まほろば列車」や、1車両を貸し切りにもできる「お座敷車両」などのサービスを行い、地元の人にも親しまれ観光客も増えているのだとか。

さまざまな企画のなかでも大人気なのが「ごっつお玉手箱列車」。地元の方々の協力のもと、漬けものや混ぜご飯など地元農家のフルコースを堪能できるサービスです。列車に揺られ、春は桜や菜の花畑、夏は山々の深い緑、秋には紅葉、冬には雪景色と四季折々の景観を楽しみながら、秋田ならではの食材とおもてなしを満喫するのもいいのでは?

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング