YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

千葉県

石段に並ぶ約1,500体のひな飾りは圧巻!
街中がひな祭り一色「かつうらビッグひな祭り」

今年で16回目を数える勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」は、桃の節句に合わせて開催されている、日本最大級のひな祭りイベントです。そのルーツは、1988年より続く徳島県勝浦町の「ビッグひな祭り」。同じ勝浦という地名の縁により、勝浦町より約7,000体のひな人形を譲り受け、勝浦市でも2001年より毎年開催されるようになりました。
期間中は芸術文化交流センターの約6,000体のひな人形飾りをはじめ、日本最大級の享保雛や、勝浦中央商店街による工夫を凝らしたひな人形など、各所におよそ30,000体のひな人形が飾られ、街中が華やかなムードに包まれます。

なかでも人気なのが遠見岬神社のひな飾りです。60段ある石段は一面に緋毛氈(ひもうせん)が敷かれ、約1,500体のひな人形が並ぶ巨大なひな壇へと変わります。夕暮れどきからはライトアップされるため、さらに幻想的な雰囲気を堪能できることでしょう。それぞれ違う個性をもったひな人形を見て回りながら、一足早い春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

1万本のLEDが灯る幻想的な光のイベント
自然美溢れる大山千枚田の「棚田のあかり」

鴨川市の市街地から西に向った房総半島のほぼ真んなかに、日本の棚田百選としても知られる「大山千枚田」があります。面積約4ヘクタールの急傾斜地に、まるで階段のように連なる大小375枚の田んぼ。ここは遥か昔から受け継がれてきた、美しい里山の景観が今も残る貴重な場所です。その美しい自然の風景をさらに魅力的に感じられるのが、1月4日まで行われている季節限定のライトアップイベント「棚田のあかり」です。

夕方から夜にかけて1万本のLEDライトが灯り、昼間とはまた違った幻想的な美しさを堪能することができます。特に日没と同時に、ぽつりぽつりと自動で点灯し始めるLEDライトは見どころのひとつ。やわらかな月明かりのなか、棚田で優しく揺れる小さな光に、時が経つのも忘れるほど引き込まれることでしょう。東京から2時間ほどで出合える夜の原風景「大山千枚田 棚田のあかり」は、これからのお出かけ先にぴったりなライトアップイベントです。

三方を海に囲まれた千葉県は海の幸の宝庫
こだわりの海鮮丼を潮の香りとともに堪能

東と南を太平洋、西は東京湾と三方を海に囲まれた房総半島は、暖流の黒潮と寒流の親潮が流れる格好の漁場。全国でも有数の水揚げを誇る水産地として知られています。潮の香りに誘われて千葉へ向かえば、水産地ならではの名物料理と、地元の方々に愛されている名店に出合えることでしょう。なかでも房総半島の最南端・館山市で味わえる「館山炙り海鮮丼」は、地場産食材に徹底的にこだわったご当地グルメとして注目を集めています。

この海鮮丼は特製の三段どんぶりを使用し、上から順番に、「炙り海鮮」「刺身」「海鮮丼」が盛りつけされた豪華な3点セット。千葉県ならではの地場産食材はもちろんのこと、魚介の揚げ物、香のもの、海鮮汁、ウエルカムドリンクといった食事バランスやボリュームにもこだわった料理を楽しむことができます。お店によって工夫された料理の数々と、飾りつけも見どころのひとつ。目で楽しみ舌で味わう妙味をぜひご堪能ください。

独特な輝きと流れるようなフォルムを創出
体温の様なぬくもりを感じるスガハラのガラス

手にした瞬間に思わず微笑んでしまうような、ぬくもりを感じる「Sghr スガハラ」のガラス製品。1932年の創業以来、ガラスに新しい可能性を求める職人の手によって、一つひとつ丁寧につくり上げられています。「普段の生活を豊かにする」というスガハラ唯一のテーマのもと、意欲盛んな職人たちがガラスの最高に美しくなる瞬間を捉え、その一瞬を逃さずにカタチにします。そうして出来上がった独特な輝きと流れるようなフォルムは、デザインという言葉を超え、私たちの心の深層を刺激する強さと美しさを兼ね備えた逸品に。

現在4,000種類以上あるガラス製品はどれも独創的で、日常の生活に溶け込むものばかり。器としての用途だけではなく、お部屋のアクセントとしても彩りを添えてくれます。きっとハンドメイドにこだわったスガハラの想いが織りなす技なのでしょう。実際に見て触れてガラスのぬくもりを感じてみてください。

温暖な気候に恵まれた花の産地
四季折々の花が訪れた人を癒します

千葉県は国内有数の花の産地として知られています。特に南房総は黒潮の暖かい海流に乗って吹く風の影響で、温暖な気候に恵まれた花が育ちやすい地域。早春を告げる露地花畑は、房総の代名詞ともいえるほど春の風景として有名ですが、春だけではなく夏秋冬と、一年を通じて花の風景に出合えることが千葉ならではの魅力です。数ある風景でもおすすめなのが、館山から千倉までの海岸線に沿って続く道「房総フラワーライン」。

日本の道100選にも認定されるこの道は、その名の通り一月から春にかけては菜の花やポピー、夏にはマリーゴールドと、季節の花々が道沿いを彩るドライブルート。青空と花と海がひとつになった素晴らしい景色に出合えます。そのほか、花の名所をうたう植物園やレジャー施設、観光地が県内にはいっぱい! 街のいたるところで美しい花の姿に心を奪われることでしょう。さあ、色鮮やかな花々が咲く心休まる風景を探しに出かけましょう!

写真に収めたくなる素朴な風景や駅舎
ローカル線で行く房総半島横断の旅

千葉県には首都圏らしい都会的な面がある一方、豊かな自然や歴史ある城下町が多く存在しています。房総半島の中央を横断するように走る、小湊鐵道といすみ鉄道に乗れば、ノスタルジックな里山風景と、ゆっくりと流れる時の旅を楽しむことができます。小湊鐵道は養老川を沿うように敷設された五井駅から上総中野駅までの全長39.1Km。朱色とクリーム色のツートンカラーで構成された車両デザインと、映画のロケ地としても有名なレトロ駅舎が懐かしさを感じさせてくれます。

終点の上総中野駅から乗り換える、いすみ鉄道は大原駅までの全長約27Km。ムーミン一家がデザインされた黄色い車両が人気で、夷隅川沿いの田園風景を車窓に走ります。五井駅から大原駅までの片道乗車券「房総横断記念乗車券」を購入すると、進行方向に限り自由に途中下車ができるようになり、列車のある風景撮影や下町の風情が残る「房総の小江戸」散策などを存分に楽しむことがでるはずです。

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング