YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

群馬県

口の中いっぱいに広がる独特の食感と
食べ応えが人気の超・幅広「ひもかわうどん」

最近、テレビなどのメディアに登場することも多くなった「ひもかわうどん」。桐生地方に伝わる郷土料理として歴史は古く、元は「おっきりこみ」という群馬の郷土料理に使われた麺という説や、きしめんのルーツでもある「芋川(いもかわ)うどん」がなまったものという説が伝えられています。その特徴はもちろん幅広の麺で、なかには10cmをゆうに超えたインパクト絶大な麺も存在。しかも薄手の麺で食べやすく、口の中いっぱいに広がるモチモチ感やツルツルとしたのど越し、しっかりしたコシなど、独特の食感を感じることができます。

温かいうどんはもちろん、冷たいざるうどんなど食べ方も幅広く楽しめます。うどん日本一選手権「U-1グランプリ2013」の評価部門1位や「うどん天下一決定戦2014」の評価部門および売上部門1位に輝くなど実績も申し分なく、うどん好きなら絶対に食べておきたいご当地グルメといえるでしょう。

漫画『孤独のグルメ』で一躍有名に!
香ばしさがたまらない「焼きまんじゅう」

国内屈指の小麦生産量を誇る群馬県では、古くから粉食文化が根付いていました。なかでも「焼きまんじゅう」は県民の誰もが愛する代表的な郷土料理です。蒸したまんじゅうを竹串に刺し、黒砂糖や水飴で甘くした濃厚な味噌ダレを両面に塗りながら香ばしく焼き上げれば完成。焦げた味噌はカリっと香ばしく、中身がジューシーなまんじゅうとの相性は抜群です。まんじゅうは薄皮あんなしがスタンダードながら、一部こしあん入りもあります。

ドラマでも有名な漫画『孤独のグルメ』でも紹介(高崎市の「オリタ焼まんじゅう店」)され、あん入りは味噌ダレの甘さと相まって主人公の井之頭五郎に「複雑でスゴい甘さ」と表現されていました。他にも前橋市の「原嶋屋総本家」や沼田市の「東見屋まんじゅう店」、伊勢崎市の「上州忠治茶屋本舗」など有名店が多数あります。ちなみに竹串のままではなく、串から外して一つひとつ箸で食べるのが群馬流の通な食べ方だそうです。

冬の雪圧で根本が曲がった嬬恋産の
「根曲がり竹」を使った味わい深い竹細工

万座温泉周辺に自生し、冬季の雪圧で根元が曲がった「根曲がり竹」(正式名称はチシマザサ)。直径は5〜8mmと、ボールペンより2周り程度太いくらいの大きさで、寒くて雪深い山などの高いところに育つ笹の一種です。この笹を用いて作られた群馬県の伝統工芸品が「嬬恋根曲がり竹細工」。昭和初期に一部の愛好家によって作られるようになったのがはじまりで、花篭やとうじ篭、アジロ篭や盆ざるなどがあります。雪の重みに鍛えられ、耐え育ったことによる粘りから非常に丈夫で実用的な竹細工と評価も高く、使い込むほどに手に馴染んでいきます。

しかも、10年20年と使い続けることで深い飴色へと変化していき、ぬくもりや素朴な味わいなどの風合いが深まっていくのも魅力とされています。技術伝承のため、1981年に結成された竹加工組合により「嬬恋村創作実習館」での製作実習や体験教室が開かれるなど、訪れる多くの観光客に親しまれています。

神秘的で不思議な世界観に魅了される
『千と千尋の神隠し』のモデル「積善館(せきぜんかん)」

四万温泉にある「積善館」は現存する日本最古の木造湯宿建築で県の重要文化財にも指定。開業して300年余りが建った今も、昔と変わらずに人々の心を癒し続けています。しかも、『千と千尋の神隠し』の制作直前に宮崎駿監督がこの旅館を訪れてスケッチした話や、映画に登場する湯屋や世界観があまりにも似ていることから、たちまち人気旅館に。誰もが見たことのある赤い橋や不思議な世界に繋がるトンネル、映画とそっくりの部屋など、まるで千尋とハクに出会えるかのような雰囲気が味わえます。

また、亭主自らが四万温泉や建物の歴史、館内の構造を紹介してくれる「館内歴史ツアー」も毎日開催。温泉は昔から「日本三大胃腸病の名湯」のひとつに数えられているほど胃腸病で有名。飲泉できるお湯としてもファンが多く、熱いまま飲むと下痢症に、冷やして飲むと便秘症に効果があるとされています。幻想的な空間と名湯で心と身体を癒してみませんか。

「天神山古墳」や「保渡田古墳群」などの
国指定史跡から古代のロマンを感じる

東日本最大の前方後円墳「天神山古墳」をはじめ、数多くの国指定史跡が存在する群馬県。県内には15,000ほどの古墳があったとされており、また埴輪の出土数が多いことから埴輪王国ともいわれています。おすすめは二子山古墳、八幡塚古墳、薬師塚古墳の3つの前方後円墳を総称した「保渡田古墳群」がある「高崎市上毛野はにわの里公園」。なかでも築造当時のままに復元された八幡塚古墳は、墳丘の長さは96m、高さ約8mで後円の直径は56m。外周の堀も含めた墓域の全長はなんと約190mと圧巻の大きさです。

ここまで大きい前方後円墳の復元は全国でも例が少なく、関東以北では初めてなのだとか。しかも、古墳の周りを筒の形をした円筒埴輪(推定6,000本)が列になって囲んでおり、人や動物の埴輪を並べた区画や王の棺の実物が見学できるドーム施設まであるなど、散策するだけで古代にタイムスリップしたような感覚を味わえることでしょう。

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング