YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

香川県

縁起のいい米菓子がトッピングされた
見た目もかわいらしい「嫁入りおいりソフト」

すももやオリーブの実を生かしたフルーティーなタイプや、うどんの出汁や減塩しょうゆをベースにした変わり種など、香川県には、ほかではなかなかお目にかかれないオリジナルソフトクリームがいっぱい。なかでもおすすめは、金刀比羅宮に続く石畳の参道に店を構える「お休み処 四国の旬」の「嫁入りおいりソフト」。餅米でつくるまんまるの「おいり」は香川県の西部地域に伝わる伝統菓子で、嫁入りの際にご近所の方に配られる「嫁入り菓子」として古くから愛されており、ふんわりほのかな甘味が特徴。

お店では、ソフトクリームを和三盆味・しょうゆ味・希少糖ミルクの3種類から選んで、カラフルな縁起物の「おいり」をふんだんにトッピングできます。見た目は華やかで涼しげ、食感はサクサクで軽やか。食べるだけで恋愛運がアップしそうな、ワクワクするソフトクリームです。
(写真提供:お休み処 四国の旬)

人気急上昇中、一度は食べたいご当地グルメ
「おや」か「わか」か。それが問題だ

鶏の骨付きモモ肉を丸ごと1本、塩・こしょう・にんにくなどでスパイシーに味付けして、オーブン窯などでじっくり焼き上げると、表面の皮はばりばり、なかからはジューシーな肉汁がほとばしる骨付鳥のできあがり。讃岐うどんが香川県を代表するグルメならば、骨付鳥は丸亀市の誇り。その評判は全国に知れ渡りつつあります。骨付鳥が生まれたのは今から約60年前のこと。それからお店は徐々に増え始め、丸亀市だけでも50軒を超えるまでに。味付けで塩やスパイスにこだわるお店もあれば、焼き方で鉄板を使用するお店もありと、調理法もさまざま。もちろん、家庭の食卓に並ぶ市民のソウルフードにもなっています。

骨付鳥には、「親どり(おや)」と「若どり(わか)」の2種類があります。年月を経た「おや」は、歯ごたえがしっかりとしていて、噛むほどにうまみが出る通向きの味。一方の「わか」は、身が柔らかくて食べやすいのが特徴。初心者にもおすすめの定番メニューです。
(写真提供:丸亀市)

伝統の技が現代に生きる
おしゃれな「香川漆器」に注目

使い込むほどに色と艶が増して味わいを深めていくのが、漆器の魅力。江戸時代後期からつづく「香川漆器」の伝統は今も守られていて、1976年には四国で初めて国の伝統的工芸品の指定を受けました。漆器は見た目が美しいだけでなく、実用性にも優れています。軽くて熱に強く、何よりも素材の安全性が高い。漆は天然素材なので、その器は安全度の高い抗菌食器になります。高松市は2015年1月、小中学校の給食の器に香川漆器を取り入れる「マイ・ウルシ・カップ事業(仮称)」の検討を発表しました。

幼少期から伝統工芸の良さや特徴に慣れ親しんでもらうのが狙いです。現代の感覚に合ったユニークな商品も数多く見られます。「かがわ県産品コンクール」で知事賞(最優秀賞)を受賞した高松市のメーカー、一和堂工芸の「薔薇の器」は、伝統手法の「後藤塗」を用いた新しい食器。湯のみ・お椀・丼・お皿の4点がセットとなっていて、重ねるとまるでバラの花のようになります。伝統の技が現代のニーズにぴったり合いました。

棚田のあぜ道を練り歩く「虫送り」
幻想的な光の列に加わりたい!

300人もの村民たちが列をなし、松明をかざしながら夕暮れのあぜ道を歩く「虫送り」。害虫を退治して豊作を願う伝統行事が、2011年に公開された映画「八日目の蝉」の重要なシーンで登場しました。小豆島のほぼ中央に位置する中山の郷に約300年前から伝わるこのイベントは、実は数年間途絶えていましたが、映画公開を機に復活。夏至から11日目に行われる虫送りには、一般参加もできて多くの観光客が集まります。何よりも印象的なのは、高低差100mの山肌沿いに広がる800枚を超える棚田の風景。

「日本の棚田百選(農林水産省)」に選ばれた中山千枚田は、「名水百選(環境省)」に選定された湯船の水を源泉とする日本の原風景です。一方で、棚田を維持するための人材不足も深刻です。小豆島町役場は田植えや稲刈りを実体験してもらい、収穫物や特産品を提供するオーナー制度の募集を2015年から始めました。美しい景観や伝統行事を守ることに興味のある方はぜひ。

桃太郎伝説が残る
鬼が住む「洞窟」へ行こう

高松港の沖合約4km、穏やかな瀬戸内海に浮かぶ小島、女木島の通称は「鬼ヶ島」。そうです! 日本人の誰もが知っている昔話の英雄、桃太郎がイヌ、サル、キジを連れて鬼退治に向かった、あの鬼ヶ島です。鬼ヶ島大洞窟は、島のほぼ中央、鷲ヶ峰(標高188m)の中腹にぽっかり口を開けています。奥行き400m、広さは約4,000m2に及ぶ大きな洞窟で、大正時代に地元香川県に住む郷土史家によって発見されました。その後の調査で、紀元前100年頃に人工的につくられたことが分かりましたが、いったい誰がつくったのか?

昭和になってから一般公開されるようになった洞窟内は、夏でもひんやりしています。内部には、鬼たちが金や銀や財宝を隠した「宝庫」や、鬼たちが女性や子どもを監禁していた「監禁室」、鬼が不気味に口を開けている「真実の岩」、鬼の親分が住んでいた「鬼大将の部屋」、鬼のオブジェも至るところにあって、とても怪しげな気配が漂います。

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング