YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

長野県

2016年は見ることができるか!
幻の絶景「諏訪湖の御神渡り」

信州最大の湖である諏訪湖。冬場に冷え込みが続くと全面結氷し、湖面の氷が盛り上がる現象が起こります。その名も「御神渡り」。昔の人は、諏訪大社上社の男神・建御名方神(タケミナカタノカミ)が下社の女神(ヤサカトメノカミ)のもとへ通った恋の道である、なんてロマンチックな言い伝えを残しました。そのため、現在も御神渡りを認定する拝観式は神官が行い、湖面の割れ目の状態から、その年の吉凶を占います。

そんな神聖なる御神渡りですが、近年では温暖化が進み、全面結氷する日が少なくなりました。2013年を最後に御神渡りは起こっていません。果たして2016年は御神渡りが起こるのか。その目で確かめに諏訪湖を訪れてみてはいかがでしょう。

販売期間はなんと約1カ月間のみ!
秋の小布施で必ず食べたい希少な「栗菓子」

北信濃の小さな町、長野県上高井郡小布施町。千曲川の東岸に広がる大地に、この時期たわわに実るのは、郷土の味覚である「小布施栗」。江戸時代には「ご献上栗」として幕府に献上されるほど伝統ある名産品です。栗菓子が誕生したのも江戸時代後期のこと。栗菓子製造においても歴史あり、です。
そして、そのおいしさを堪能すべく立ち寄りたいのが「小布施堂」。栗鹿ノ子や栗羊羹など伝統的な和菓子に加え、栗アイスなども人気ですが、この時期に必ず味わいたいのは「朱雀」という名の一品。

新栗の季節にしか味わえない希少な栗菓子です。とれたての栗を蒸して素麺状に裏ごししたものを、栗餡の上にやさしく重ねています。砂糖も何も加えない栗そのものの味が楽しめ、自然の甘い香り、舌触りが忘れることができないほどのおいしさ。その販売期間は9月10日から10月中旬までの、約1カ月間のみです。食べ逃しなく。

ひと口に「信州そば」というなかれ
県内各地にそれぞれのおいしさあり

日本で古くから食されてきた「そば」。長野県は冷涼でやせた土地が多いことから、良質なそばがとれる名産地として知られています。「信州そば」といえば誰もが聞いたことがあるでしょう。長野県信州そば協同組合によれば、そば粉の割合が40%以上のものが信州そばなのだとか。信州人らしいきっちり感がうかがえます。さて、信州そばとひと口に言っても、実はそば粉の産地(黒姫、開田高原など)や種類(更級粉、ひきぐるみなど)、打ち方、つなぎなどでその味も名前も変わるといいます。

有名な「戸隠そば」は、長野市は戸隠の名産で、伝統の蕎麦打ち技術と冷たい清水による引き締まった歯触りが特徴。珍しいところでは山ゴボウの葉の繊維をつなぎに使った「富倉そば」。飯山市富倉地域では小麦がとれなかったための工夫だそう。長野県各地にバラエティに富んだ信州そばのおいしさアリ。ぜひそれぞれの味を楽しみたいものです。
(画像提供:信州・長野県観光協会)

中野市で生産される「シャクヤク」が
カラフルに染め上げるエコな雑貨小物

その美しさから「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美女を形容する花の代名詞ともなっているシャクヤク。長野県中野市では昭和40年代から栽培に取り組み、現在では日本一の生産量を誇っています。市の花として親しまれ、日本中に生花が出荷されているシャクヤクですが、近年注目を集めているのが「シャクヤク染めの小物雑貨」。長野にアトリエを構えるアパレルブランドECOMACOがスタートした「光のカケラプロジェクト」により、洋服の生産工程で生じる残布(端切れ)をシャクヤクの花で染め上げ再利用。

薄紅の可憐な色合いを生かしたストールやポーチ、トートバッグなどに生まれ変わっています。ストールなど製品の一部は中野市職員や長野県庁職員のユニフォームにも採用。「シャクヤクの中野市」を官民一体となってアピールしています。エコロジーでカラフルな、優しい風合いの雑貨たち。ぜひ、その目でお確かめください。

豊かな自然と湯量豊富な信州各地の「温泉地」
なかでも絶景を眺めながらの湯浴みをぜひ

信州、長野県は豊かな自然に育まれ、湯量豊富な数々の温泉地が存在します。渋温泉や湯田中温泉が全国的にも有名ですが、魅力のある温泉はそれらだけではありません。隠れた秘湯こそ「温泉の信州」を全身で体感できるもの。大自然に囲まれながらの湯浴みのひとときは、また格別です。そんな秘湯のなかでおすすめのひとつが白馬鑓(やり)温泉。槍ヶ岳の中腹2,100mに湧く天然温泉は、登山した者にだけ許された至福の湯。 日の出の時間にだけ現れる雲海が、幻想的な雰囲気を醸しだします。

同じく標高2,000mを超えるのが高峰温泉。こちらは自動車で行ける一軒宿の温泉で、日帰り入浴も可能。アルプスの山々を望むも良し、星空を仰ぐも良しの絶景露天です。最後にご紹介したいのは、秘湯ファンのあこがれ切明温泉。なんと温泉が湧き出す川底をスコップで掘り、自分だけの湯船をつくるのがこちらの流儀。信州の秘湯は一筋縄ではいかないのです。
(画像提供:信州・長野県観光協会)

空・山・川、「長野が誇る自然」のなかへ
パラグライダーやラフティングし放題!

アウトドア大国、長野県。トライできるアクティビティの豊富さは日本有数といっても過言ではないでしょう。例えば「空」をフィールドにするならば、一度は体験したいと思っている人も多いはず!?のパラグライダー。少しだけ飛ぶことができる「浮遊体験」は初心者でも安心です。誰でも気軽にトライできるアクティビティなら熱気球がおすすめ。地上30mの空の旅はファミリーやカップルに人気です。山ならロッククライミングやトレイルランが最旬アクティビティ。珍しいところではマウンテンバイクによるアルパインライドにチャレンジする人も。

そして川ではラフティングが外せません! 犀川(さいがわ)のラフティングは全長12km、約1時間半の大冒険。ライフジャケットを着用するので泳げなくてもOKです。ほかにもキャニオニングや湖でのカヌー、ウェイクボードなどのアクティビティが盛りだくさん。長野を訪れたなら、大自然をおもいっきり満喫してください。
(画像提供:信州・長野県観光協会)

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング