YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

大分県

温泉無料開放から火まつりまで楽しめる
イベント目白押しの「別府八湯温泉まつり」

温泉大国・大分のなかでも屈指の人気を誇る温泉地、別府。「別府八湯温泉まつり」は豊かな温泉の恵みに感謝する歴史あるお祭りで、別府・海門寺公園・浜脇・松原・堀田・明礬(みょうばん)・鉄輪・亀川と、市内各所でさまざまなイベントが行われます。今年は、「温泉感謝の日」である4月1日(金)を皮切りに3日(日)まで開催。期間中は市内にある約100ヵ所の市営・市有区営温泉が無料開放されるだけでなく、温泉バスや温泉タクシーの運行、神輿の祭典、湯かけまつり、ご当地グルメが楽しめる「べっぷ丼フェス」などが行われ、市内はお祭り一色に染まります。

なかでも初日に催される「扇山火まつり」は必見。別府市街地の背後に横たわる扇山を一気に焼く山焼き行事で、別府八湯温泉まつりの一大イベントです。夜の街を赤く染める春の風物詩をはじめ、温泉と別府の魅力を五感で楽しめるお祭りに、この春、あなたも参加してみませんか?

夏期限定の冷泉で湯浴みならぬ水浴み。
標高1,100mにある「寒の地獄旅館」へ

九重エリア、標高1,100mという高地にある「寒の地獄旅館」。ここには7〜9月にだけオープンする「冷泉」があります。江戸末期に開湯し、古くから冷泉の湯治場として知られている寒の地獄温泉で、湯浴みならぬ水浴みを体験してみませんか? 摂氏13〜14度の冷泉は、暑い夏の避暑としてだけでなく、美容や未病、皮膚病や神経痛にも効果があります。ふつうの温泉とは違い、入浴方法も独特です。最初の1〜2分間は含有薬分の関係でとても冷たく皮膚に刺激を感じ、3分ほどでそれが和らいできます。

入浴時間は各自の体力と忍耐によってまちまちですが、体が震え始めたら浴槽から上がり、身体を拭かずに別室の暖房室で充分に暖をとる、というのが一連の流れです。これは医学的にも大変効果のある療養法なのだそう。「寒の地獄旅館」の冷泉は水着着用の混浴です。家族や気の合う仲間たちと、ちょっと変わった冷たい温泉で涼んでみてはいかがでしょう。

クチナシの実で染められた色鮮やかな「黄飯」は
南蛮文化が繁栄した臼杵市の郷土料理

キリシタン大名としても有名な大友宗麟が築城した臼杵城の城下町として栄え、宗麟時代の南蛮文化、キリシタン文化の歴史を感じることができる臼杵市。「黄飯」は江戸時代にこの地で生まれた郷土料理です。乾燥したクチナシの実を砕き水につけると黄色く染まりますが、その水で炊くとご飯が黄色くなることから黄飯と呼ばれています。これに白身魚、豆腐、野菜を炒め煮にした、けんちん汁のような「かやく」をかけて食べるというからユニーク。

この料理は江戸時代、財政が困窮したことから質素倹約が奨励され、慶事の際に出す赤飯に代わる料理として生まれたといわれています。また、宗麟時代、臼杵は商業都市としてポルトガル商人などとの南蛮貿易が盛んに行われたことから、スペインのパエリアの影響を受けた、という説もあるそう。素朴で体にやさしい料理なので、さっぱりしたものがうれしい夏にもおすすめです。ぜひ一度、南蛮文化が薫る郷土の味をご賞味あれ!

独特な技法で模様を付ける「小鹿田焼(おんたやき)」は
日常使いができる素朴な味わいが魅力

日田市の山間部にある小さな集落でつくられる小鹿田焼(おんたやき)は、今も10軒あまりの窯元が谷川の水を利用した唐臼(からうす)で土を粉砕するなど、全行程が昔ながらの手仕事でつくられています。赤土を素地とした丈夫なつくりに、化粧土や釉薬を使ったアースカラーの装飾は、土の香りが漂うような素朴な印象。小鹿田焼には、「打ち刷毛目」や「飛び鉋(かんな)」など、道具を使って模様を付ける伝統的な技法があります。生の素地にたっぷりと化粧土を塗り、それが乾かないうちにろくろを回しながら刷毛や鉋を当てて、模様を描いていくのです。

リズミカルに描かれた模様が、温かく、素朴でありながら、どこかモダンな印象を醸します。
ギーゴットン、という唐臼の音が「残したい日本の音風景100選」にも選ばれ、国の重要無形文化財にも指定されている小鹿田焼の里。昔ながらの風景と手仕事が見られる美しい陶郷に、ぜひ一度足を運んでみてください。

あたり一面を真っ赤に染める真玉海岸の夕陽。
遠浅の海岸にできる干潟の縞模様も美しい

大分県は九州の東部に位置するため、夕陽を観賞できるスポットはほとんどありません。国東半島の北西部にある真玉海岸は、唯一、海に沈む夕陽を眺めることができるスポットです。晴れた日の夕暮れ時はあたり一面を真っ赤に染め、水面がキラキラと輝く美しい夕景を見ることができます。最干潮時にも海水がすべてなくならず、水が少し残り干潟ができるのも、美しい夕景をつくりだすポイント。干潮の時間が夕暮れ時にあたるタイミングで訪れれば、海水に映る夕陽のオレンジ色と干潟の砂浜がストライプのような模様をつくり出す幻想的な風景に出会えます。

遠浅の干潟と、夕陽に映えて黄金に輝く水面が織り成す絶景は、ほかではなかなか見ることができません。干潮時は干潟を歩くことができるので、風景のなかに溶け込むような感覚を楽しむことも。天候や潮の満ち引きなど条件がそろわないと見られない風景なので、事前にチェックしてから訪れるのがおすすめです。

水中に鍾乳石が見られる世界でも珍しい
「稲積水中鍾乳洞」で大自然の造形美に酔う

全国名水百選の清流白山川の上流に位置する稲積水中鍾乳洞。ここは日本最大の水中鍾乳洞で、世界でも珍しい水中にある鍾乳石を見ることができます。その誕生は、なんと3億年前の古生代。30万年前の阿蘇山大噴火によって水没した後、侵食により上半分が排水されたため再び空気中に露出するようになりました。洞内が水に浸かっていた頃、渦巻く水によって天井や壁の石灰岩に不思議な彫刻をつくり出した「ベルホール」や、30万年もの間、水流にさらされた鍾乳石を見ることができる「示現の淵」などは、ときが経つのを忘れて見入ってしまうほど。

無数の鍾乳石や水深40mをこえる深渕、洞奥から湧き出る清流によって織り成される千変万化の美、そこはまさに神秘の世界です。長い年月がつくり上げた大自然の造形美に酔いしれるだけでなく、水のしたたりが心に響くような静寂さと、天然クーラーのような鍾乳洞内のひんやりとした空気感もお楽しみください。

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング