YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

岡山県

実は全国シェア約80%!
「学生服」のほとんどは、岡山県で作られている

日本全国の多くの人々がお世話になった「学生服」。実は、その多くが岡山県で作られていることをご存知でしょうか? 岡山県には制服メーカーが集まっており、学生服の出荷額が全国第1位なんです。その起源は、さかのぼること江戸時代。備前岡山藩が米の生産量を増やそうと瀬戸内海を干拓しましたが塩害で米ができず、代わりに塩に強い綿花などを栽培し始めたことが、この地域に繊維産業が栄えるきっかけとなりました。
ここで生産された綿は繊維が太く短く、織物にすると非常に丈夫。江戸時代より、足袋の生産が特に盛んでしたが、時代の流れとともに需要が減り、次の商材として着目したのが学生服でした。

3年間着続ける学生服は、丈夫であることが求められます。足袋の製造で培った技術を応用して作られた学生服は、たくさんの人々に支持され、今もなお学生生活に欠かせない存在です。ちなみに、学生服の産地である児島には「児島学生服資料館」があり、館内であれば、学生服を無料で試着することが可能(レンタルプランもあり)。あなたも学生服に袖を通して、あの頃の気持ちを思い出してみませんか。

ジューシーな果汁したたる大玉の白桃
「おかやま夢白桃」は贈り物にも最適

岡山県といえばフルーツの産地としても有名です。甘い果汁たっぷりの白桃、大粒で種なしのニューピオーネや香り高く上品な甘さのマスカット・オブ・アレキサンドリア、ジューシーな愛宕梨など、瀬戸内の温暖な気候のもとに育まれた甘みたっぷりのフルーツが勢ぞろい。ぶどうと桃は明治時代に生産が始まっていますが、たゆまぬことなく品種改良が続けられて、さらなる新しい品種が誕生しています。そんな岡山産のフルーツのなかで一番の注目株が、2005年に満を持して生まれた新品種「おかやま夢白桃」です。

岡山の桃の特徴である品の良い外観と繊細な甘さを受け継いだ桃です。1玉1玉丁寧に袋をかけて育てられたおかやま夢白桃は特大サイズ。ルックスの良さから贈答品としての人気が高まっていますが、品種名通り岡山県内限定生産となっています。岡山の夢と甘い果汁がぎっしりとつまった乳白色の果実は、夏の涼みにぴったりです。

世界に愛される「デニム」の産地
児島・井原の藍色には確かな伝統があった

ジーンズの産地としても有名な岡山県。古くから受け継がれた高い縫製技術は、日本だけでなく世界中から評価されています。ジーンズの産地として発展する下地には、江戸時代から続く備中織物の伝統があります。備中エリアの倉敷市・児島と井原市では明治期から学生服の生産を始め、その後は作業着や仕事着の生産地として知られるようになります。1960年代後半からのジーンズの大流行に合わせ、長年培われてきた厚地織物と藍染の技術を用いて「デニム生地」のジーンズ生産を開始。

1973年には年間1,500万本のジーンズを生産、日本全体の75%規模にまで成長していきました。現在でも、「児島ジーンズ」「井原デニム」として高品質ジーンズがつくられています。
倉敷市にある「児島ジーンズストリート」は2010年から始まったプロジェクト。30近くの個性豊かなジーンズ専門店が軒を連ね、世界中にジーンズ文化を発信しています。

大切な人と一緒に歩きたい!
ロマンチックな「女神の道」

瀬戸内特有の穏やかな気候で「日本のエーゲ海」とも評され、オリーブ栽培でも有名な瀬戸内市牛窓ですが、今、恋人たちが訪れる「縁結び」スポットとしても注目を集めています。それが「黒島ヴィーナスロード」。普段は牛窓の海に浮かんでいる黒島、中ノ小島、端ノ小島という3つの小島ですが、潮が引く干潮時にだけ対岸から続く一本の道が出現して歩いて渡れるようになるのです。近くにある牛窓神社は縁結びのご利益があるとのことで、それにちなみ、このヴィーナスロードを手をつないで歩いたカップルの恋は成就するとか。

つかの間だけ現れる幻の道を一緒に歩けば、ロマンチックな気分に浸れるのは間違いなさそうです。干潮時間は日によって異なるので、事前にチェックを。近隣の「ホテルリマーニ」ではヴィーナスロード体験ツアーもあるので、こちらもおすすめです。さらに、穏やかなエメラルドブルーの美しい海で、シーカヤックやヨットセーリングなどのマリンスポーツを一緒に楽しめば、2人の距離はさらに縮まるでしょう。
(写真提供:岡山県観光連盟)

世に聞こえた名刀が生まれた場所にある
由緒正しき「日本刀」の博物館

備前の国といえば古くからの刀鍛冶の本場としても有名です。特に「備前長船兼光(びぜんおさふねかねみつ)」作の名刀は、いくつも重要文化財に指定されています。そしてその長船の名が残る瀬戸内市長船は、鎌倉時代より日本刀の一大産地として栄えてきました。現在、この長船の観光名所となっているのが「備前長船刀剣博物館」です。
博物館にはさまざまな日本刀が展示されていますが、体験講座や公開鍛錬といったイベントが随時実施されているのも特徴です。また展示販売も開催しており、刀や脇差、短刀、鍔(つば)、目貫などを取りそろえています。

毎月第2日曜日に開催される公開鍛錬では、現役の刀匠が鍛冶場で伝統の技を実演披露します。さらに博物館に常駐する職方が毎日作業する様子を見学できるほか、日曜日と祝日には研師(とぎし)や鞘師(さやし)の実演もあります。昨今ブームになっている日本刀の真の姿に触れられる観光スポットです。
(写真提供:岡山県観光連盟)

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング