YAHOO! JAPAN 特別企画

ふるさと再発見特集

掲載期間:2016年4月1日〜2017年3月31日

島根県

出雲のお正月には欠かせない
「十六島(うっぷるい)海苔」

「十六島(うっぷるい)海苔」とは、出雲市の北端「十六島鼻」と呼ばれる岬でとれる天然岩海苔です。きめが細かく、つややかな黒色が女性の黒髪のようにも見えるため、別名「かもじ(髢)のり」ともいわれています。十六島海苔の歴史は古く、今から1300年ほど前に編纂された「出雲国風土記」には、献納品として朝廷に贈られていたとされる記述もあります。
12月から1月の収穫作業は、常に危険と隣り合わせ。「シマゴ」と呼ばれる女性たちが、日本海からの冷たい風が吹き荒れるなか、滑りやすい岩場に生えた海苔を指先に巻き付けるように丁寧に摘みとっていきます。

元旦に十六島海苔を食べると邪気を払うといわれていて、出雲地方のお雑煮にはこの十六島海苔が欠かせません。上品なしょうゆ味の出汁に、丸餅と十六島海苔だけのシンプルな海苔雑煮は、口に入れた瞬間に磯の香りが広がります。お正月は貴重な十六島海苔を使ったお雑煮で、新年をお祝いしてみてはいかがでしょうか?
(写真提供:株式会社海産物松村)

味も香りも絶品の小粒そば!
一度は食したい「横田小そば」

出雲といえば蕎麦処として有名ですが、その特徴は太麺のいわゆる「田舎そば」で、割子そばが人気です。そばの実を皮ごと挽いていて色が黒く見えますが、その分香り高く、特に新蕎麦の時期はたまりません。
そんな出雲そばの原点ともいえるのが奥出雲の「横田小そば」です。標高300〜700mの山間部で栽培される古くからの在来種で小粒の品種ですが、実は、江戸時代には将軍家に献上されるほどの由緒あるそばでした。

ところが、小粒ゆえに生産量は伸びず、次第に収穫量の多い品種にとって代わられ、絶滅寸前に。そんな小そばが、地元の人たちの熱意により復活プロジェクトが発足し、生産されるようになったのです。まだまだ生産量は少ないですが、地元奥出雲のおそば屋さんで味わうことができます。香り高く、甘味があり、粘りも強くおいしいといわれる幻の「横田小そば」、蕎麦好きなら一度は食しておきたい貴重な逸品です。

絹たんぱく質「セリシン」がたっぷり!
「キビソ肌友だち」で保湿効果を

若い女性の間でお肌がスベスベになると評判になっているのが、浜田市の「やさか村ワタブンアートファブリック」でつくられている絹浴用タオル「キビソ肌友だち」です。キビソとは、蚕が繭をつくるために最初に吐く糸のことで、絹100%の天然素材です。保湿性に優れた絹たんぱく質「セリシン」がたっぷりと含まれています。しかし、これまではキビソは染色が難しく、何より織りにくかったために捨てられていました。やさか村ワタブンアートファブリックでは、このキビソを捨てるにはもったいないと、手織りで丁寧に織り上げ、風合い豊かな「キビソ肌友だち」を誕生させました。

使い方は非常に簡単。石鹸やボディソープなどでよく泡立てたキビソタオルで顔や身体を洗うだけ(ただし、泡は立ちにくいです)。セリシンが石鹸やボディソープのアルカリ成分と反応して溶け出し、洗っているうちに肌がしっとり潤います。使い始めは多少のごわごわ感がありますが、使っていくうちに肌になじんでいき、肌あたりの良い絹タオルとなっていきます。また、手織り体験(要予約)も行っているので、興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

ローソクに火が灯るかのような「奇岩」
神秘的な光景を目に焼き付けよう

2013年に島根県 隠岐諸島と周辺海域は優れた大地の遺産と美しい自然景観、そしてさまざまな文化を含めた人々の営みを体験できる場所として、日本で6カ所目の世界ジオパークに認定されました。隠岐諸島は大きく島前と島後に分かれ、歴史の舞台として登場する隠岐の島は島後に位置し、白い岩と青い海のコントラストが美しい白島(しらしま)海岸、「日本の滝百選」にも選ばれている壇鏡(だんぎょう)の滝をはじめ、数多くの景勝地があることで知られています。そんな隠岐の島のなかで、「ローソク島」は限られた時間にしか観ることができない、神秘的な絶景として人気を集めています。

海上に突き出た高さ20mの細長い奇岩は、それだけでも目を引きますが、夕日が沈む瞬間にさらなる奇跡が起こります。岩の先端にちょうど夕日が重なると、巨大なローソクに火が灯っているかのような景色に立ち会うことができます。ロマンチックな眺めは「ローソク島遊覧船」に乗って観ることができます。4月〜10月末まで日没に合わせての出航で、事前予約が必要となります。劇的な瞬間をきっちり残しておくために、カメラの用意は忘れずに。
(写真提供:隠岐の島役場)

一畑電車の「デハニ50形」を
実際に運転できる夢のプラン

大正時代に運行を開始した一畑電車は、山陰地方で唯一の私鉄です。「ばたでん」の愛称で親しまれ、松江と出雲大社の間を結んでいます。映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の舞台にもなり、一躍全国区の私鉄となりました。どこまでも広がる宍道湖(しんじこ)を眺めながら走る一畑電車は、列車内に自転車を持ち込めるなど(1台につき310円)、ほかにはない独自サービスも魅力です。
そんな一畑電車の大人気企画が毎週金・土・日に開催されている「デハニ50形体験運転」です。実際に車両を運転したいという鉄道ファンの夢が叶います。

場所は、雲州平田駅構内に設置されている体験運転用コース約120mで行われ、運転できる車両はレトロなデザインの木製ボディが特徴の、1928年に製造された日本最古級の車両「デハニ50形」です。運転前の講習から始まり、運転修了者には修了証まで発行されます。子どもと一緒に参加できるキッズプラン、2泊3日で電車三昧のプランなども用意されています。全コースとも事前予約が必要です。運転士に憧れた方ならきっと一生の思い出になるはず。

TOP
  • ふるさと巡りの経路検索なら
  • 全国の逸品大集合 ご当地モール

都道府県リストから選ぶ

北海道 北海道
東北 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県
信越・北陸 新潟県長野県富山県石川県福井県
東海 愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
沖縄 沖縄県

勝手にふるさとランキング